読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このブログについて

bookface=本の顔=書影。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。

甘い声 清水哲男詩集

1979年、アディン書房から発行された清水哲男の第9詩集。 時間がない。自分を自分らしく時間が。 だから、詩を書いたりするのか。自分を自分らしく生きるとは、制度のなかでせいいっぱい、狂気の側に身を寄せることなのではあるまいか。最近は、そんな思いに…

夏の淵 三好豊一郎詩集

1983年、小沢書店から発行された三好豊一郎(1920~1992)の第6詩集。 言葉に対するカンが鈍ってきたのに気づきはじめたのはよほど以前からだが、六年前おやじの老後を看取って、死に至る最後の十日間を、刻々に腐ってゆく生ける屍が生命を停止した直後の、…

にぎやかな街へ 八木忠栄詩集

八木忠栄の第三詩集。装幀は宮園洋。私家版。1972年発行。 ここに収めた作品は一九六四年から一九七一年までのあいだに書いたもののなかから選び、制作順に配列した。『きんにくの唄』(思潮社刊)『目覚めの島』(グループぎや刊)につぐ三冊目の詩集である…

存在 高野喜久雄詩集

荒地同人の高野喜久雄(1927~2006)の第二詩集。1961年、思潮社発行。解説は鮎川信夫。 ゆくりなくも一つの言葉がうかぶ。 詩は存在の追憶である。 大切なのは、詩と存在と追憶が、一つの脈絡の中にあることである。「存在は追憶の詩である」でも「追憶は詩…

土建屋懺悔録 佐藤洋二郎

1999年、シングルカット社発行。佐藤洋二郎の11冊目の著書。挿画は川名京。 指導者はなにによって指導者たらしめるか。いろいろな要素はあると思うが、わたしは「言葉」を持っている人間が一番だと考えている。「言葉」によって自分の思いを伝える。あるいは…

ピエロの唄 竹下彦一詩集

1975年、ギャラリー吾八から発行された竹下彦一の詩集。俳号は「洋燈亭」。柔道八段。 川上澄生さんが逝くなる少し前に、サーカスの唄とピエロの唄の二冊の詩集を、出版仕様と思ひ装幀をお願ひして、サーカスの唄の方は色刷りの扉迄出来たが、ピエロの唄は「…

遠いあいさつ 日原正彦詩集

2000年、土曜日術出版販売から発行された日原正彦の第9詩集。日原は「橄欖」の同人。 序詩 うつせみ 眠りに入るときの葉ずれの音めざめて聞く枯葉の音 生まれてひとつの青い夢のなかへ呼びこまれ死して 現つの全量の軽さを知る 目次 お元気ですか お元気です…

やつさもつさ 獅子文六

1952年、毎日新聞の連載小説。新潮社発行。装幀は小穴隆一。1953年に映画化されている。

増補疾走の終り 支路遺耕治詩集

1970年、構造社発行。ビート詩人と言われた支路遺耕治の詩集。写真は今井祝雄と高岡和弥。 目次 未刊詩篇 堕もしくは除雪の構図 黄金の腐飾あるいは復活まえの敗走Ⅰ 黄金の腐飾あるいは復活まえの敗走Ⅱ 批判序説・空間の敗走 連作Ⅰ 序説 連作Ⅱ 序説 疾走の終…

TAIWAN  龍秀美詩集

2000年の第50回H氏賞を受賞した龍秀美の詩集。発行は詩学社。 待望の第二詩集しかも前著「花象譚」の神秘主義的抒情の世界を越え、台湾――ひいては中国、東洋のなかにおのれのルーツを探ろうとする力強いエネルギーが秘められている異色の詩集である。著者は…

失意の神たち 堀口定義詩集

1982年、思潮社から発行された堀口定義(1914~)の第四詩集。 この詩集の内容は、主として欧州の旅行に際して現代人の神々への対応と社会の現状について受けた印象をまとめたものである。(「後記」より)) 目次 神頽れる神神のものは人間のもの豊穣の神フ…

海で朝食 水橋晋詩集

1980年、神無書房から発行された水橋晋(1932~2006)の第二詩集。装幀・挿画は藤林省三。 海とのかかわりのなかで書いた作品をまとめました。これらの作品は、畏友江森國友氏の故人雑誌「南方」への同人としての誘いがなかったら、おそらく書かれなかったで…

ガリバーの質問 清水昶

1993年、五柳書院から発行された清水昶(1940~2011)32冊目の著書。1988年から1993年までに発表された44の短いエッセイ。 ある時代、ある思想に、慣れあうことを、きちんと拒絶することは大変な個人的な「仕事」である。今日のゲンダイシが、ちっとも面白く…

詩集 挑め 防波堤 古平義雄

1966年、思潮社から発行された古平義雄の第四詩集。1957年から1965年の間に創作された18篇。作者は1929年、浅草生れ。VOU、ATTACK等に所属。 長い人生の間には、詩精神がやたらに燃えたり、やたらに冷えたり、いろいろな時期があってもよいのではないかと、…

桜病院周辺 岬多可子詩集

2006年、書肆山田から発行された岬多可子(1967~)の第三詩集。第37回高見順賞受賞。 書くという情念の持続こそが、詩人としての才能なのではないか、と思うことがあり、その情熱を手放しそうになる脆い自分を、諦めに近い気持ちで見つめるしかないこともし…

春の海のうた 山村暮鳥童謠童話集

1941年、教文館から発行された山村暮鳥(1884~1924)の童謡童話集。編者は中柴光泰、装幀挿画は高瀬勝男。 巻頭の「春ともなれば」は下のお嬢さんに書いていただいた。はるかな美しい追想である。標題の「春の海のうた」は童謡の一篇の名からとった。 次に…

母系の女たちへ ペッパーランド編

1992年、現代企画室発行。秋山江都子、岡島弘子、前田ちよ子、山本楡美子、水野るり子の企画・編集。17人の女性詩人による詩とエッセイ。詩のテーマは各人の母親や祖母たちなどのことが中心。エッセイ集『母を語る二十三人の娘たち』の続編。「血縁という枠…

詩人の夏 西脇順三郎と伊東静雄 城戸朱理

1994年、矢立出版から菊地信義装丁シリーズの7冊目として発行された城戸朱理の講演録。1993年6月、立川市幸公民館の企画で行われた連続講演会の「夏」の部。「春」は秋山駿による「中原中也」、「秋」は正津勉による「秋のアンソロジー」、冬は川村湊による…

凍えた耳 瀬沼孝彰詩集

1996年、ふらんす堂から発行された瀬沼孝彰の第三詩集。 ぼくらは日々、自分たちの生活の向こう側にあるマイナスの極を遮断されて生きている。ものの腐敗する形や匂いを遠避けられたままだ。しかし、人は光の中でのみ生きる訳ではない。闇が精神の深い安堵を…

すれちがい夫婦 獅子文六

1959年、新潮から発行された獅子文六のユーモア小説。1957年に発行された『夫婦百景』の続編にあたる。装幀は三岸節子。 目次 すれちがい夫婦竹とマロニエ因果応報おいらん女中ヒゲ男伯爵選手見物女中文六神曲編歌舞金剛遍照かれ毎日欲情す NDLで検索Amazon…

山本陽子遺稿詩集 山本陽子

1986年に発行された山本陽子(1943~1984)の遺稿詩集。編集は坂井信夫と中村文昭。発行所は坂井方。 もくじ 詩篇'66~69 よき、の、し 視られた、もの、うた 「し」と間隙 原覚 Ⅰ 原覚 Ⅱ よき、の、し Ⅱ遺稿 NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検…

ペタルの魂 木島始詩集

1960年、飯塚書店から発行された木島始の第三詩集。解説は大岡信。 木島始の詩はとっつき易いものではない。これは詩だけにとどまらず、彼の小説でも少年文学の創作でも、いや翻訳でさえも、そうだといえるかもしれない。 この文章は木島始の新しい詩集『ペ…

ユーモアの鎖国 石垣りん

1973年、北洋社から発行された石垣りん(1920~2004)の第一散文集。 私のわずかな散文の、どれが、いつ北洋社の櫛野義明さんにめぐり逢ったのでしょう。 こんど一冊の本にして下さるというので、はじめて名刺をかわし、打ち合わせをかさねるたび「アルナラ…

風が吹くと 吉野弘 詩画集

1977年、サンリオから発行された吉野弘(1926~2014)と池田勝彦の詩画集。 美しい絵のある詩集、コンパクトでハンディで、若い人たちに読んでもらえそうな一冊の詩集――そういう本をつくってみたいなとかねがね思っていましたが、池田勝彦さんのすてきな絵に…

就航者たち 中江俊夫詩集

1987年、詩学社から発行された中江俊夫の第13詩集。 NDLで検索 Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

春の画の館 金井美恵子詩集

1973年、思潮社から発行された金井美恵子の第3詩集。挿画は姉の金井久美子。 残酷な童話 金井美恵子の詩集は、題名からも予想されるように、あるときある場所に建っている不思議な館の年代記風な骨組みに託して、性的主題を展開したものである。館のあるじは…

日の底 菅原克己詩集

1958年に飯塚書店から発行された菅原克己(1911~1988)の第二詩集。 ……さて、菅原克己、詩稿を携えきたりて、僕に解説を求む、光栄なりといえど、その任にあらざるをいかんせん、まことに人生字を識るは憂患の始とかや、貪人眼前を思い富人来年を思うという…

思潮社35周年記念 「現代詩手帖」32年史 「現代詩文庫」総目次 詩壇ジャーナリズム側面史

思潮社が会社設立35周年を記念して制作した176ページのアーカイブ集。非売品。1991年12月24日印刷。現代詩文庫は100番の「平出隆詩集」まで。 日本の古本屋で検索

絵本「永遠」 新川和江詩集

1959年、地球社から発行された新川和江の第2詩集。挿画は山本蘭村。 目次 生についてECHO死について孤独な出発早春犬眠られるぬ夜ありふれた略図は森へ行く紙片期待 永遠 山本蘭村 画誕生扉るふらん絵本「永遠」地上 繊い夜 Ⅰ留守番 Ⅱ臆病 Ⅲ駐車場 Ⅳけむり…

ナイト・ハイキング 瀬沼孝彰詩集

1992年、ミッドナイト・プレスから発行された瀬沼孝彰(1954~1996) の第2詩集。 目次 Ⅰ Sの街 新宿の桜 夕陽まで 約束 コンクリート・リバー さかがみ Ⅱ Mの街 街の底で ウエイト セブン・イレブン・ベイビーズ たそがれの家で ナイト・ハイキング Ⅲ H…

魚のことば 港野喜代子詩集

1955年、日本未来派から発行された港野喜代子(1913~1976)の第二詩集。装幀は赤松俊子。第一詩集『紙芝居』(1952)以前の未発表のものと、1950年以降に発表された作品の中から選ばれた54の詩篇 序詩 金魚が机の上に身を投げて乾いていた水槽の中では、仲…

十字架:創作 山村暮鳥

大正11(1922)年、隆文館から発売された山村暮鳥(1884~1924)の小説。 著者として 一ど書いておくつた跋が何處へかなくなつてしまつたさうだ。いまの自分には再びそれをくりかへして書く勇氣が無い。 また實際にはそんなものの必要もないのである。だから…

水甕座の水 清水哲男詩集

荒川洋治の紫陽社から1975年に発行された清水哲男の第三詩集。第25回H氏賞受賞。 『喝采』(一九六四年・文童社)『水の上衣』(一九七〇年・赤ポスト)につづいて、三冊目の詩集ということになる。 京都での学生時代に書いた十年以上前の古い作品も三篇ある…

氷見敦子全集 詩、散文、書簡、日記

1985年に30歳で亡くなった氷見敦子(1955~1985)の全集。思潮社から1991年に発行された。編集委員は、江森國友、上久保正敏、近藤洋太、添田馨、野沢啓。墓碑が鎌倉霊園にある。 墓標銘 「花の精」幼ないころ見た。夢の匂いが、漂よってきます。 以下、栞に…

明日 佐々木幹郎詩集

2011年、東日本大震災から半年後、思潮社から発行された佐々木幹郎の13冊目の詩集(現代詩文庫含む)。装幀は間村俊一、挿画は三嶋典東。第20回萩原朔太郎賞受賞。 明日いつもと違う匂い明日シクラメンが桃色の花を咲かせて明日放射能の入った 天からの貰い…

私の探照灯 木島始詩集

1971年、思潮社から発行された、木島始(1928~2004)の20冊目の著書となる詩集。 いつしか作品がたまってきていて、既刊の二冊いらいの作品を本で見たいというひとにも、出会うことがあり、わたしは、意を決して一本にまとめようと思った。 しかし、量がか…

見えない地面の上で 高良留美子詩集

1970年、思潮社より発行された高良留美子の第三詩集。装幀はVOUの清原悦志。 この本は「生徒と鳥」「場所」につづく私の三番目の詩集である。この詩集に収めた作品を、私は一九六三年からの六年間に書き、今度本にするにあたってそれぞれの作品に最終的に手…

短篇集 西風の幻の鳥よ 諏訪優 

1972年、彌生書房から発行された諏訪優の短篇集。 これまでにあちこちに書かせてもらった短篇を集め、その中の一篇の題をとって、『西風の幻の鳥よ』という書名にすることにした。 短篇小説というにはあまりにもちいさく、また、詩人のため息のようにはかな…

純粋桃色大衆――空想への迷走 鈴木志郎康

1970年、三一書房から発行された鈴木志郎康の第一評論集。装幀は鈴木悦子夫人。 ここに集めた文章は、私が一九六三年から書いたものの殆どである。その体部分は一九六八年六九年に書いた。私は詩を書く一方で文章を書いて来たわけだが、考えの焦点が定まらな…

空中の茱萸 荒川洋治詩集

荒川洋治の14冊目の詩集(現代詩文庫除く)。1999年思潮社発行。第51回読売文学賞(詩歌俳句賞)受賞。 目次 完成交響曲 眼帯 冬の紅葉 新しい過去 白い胸のイモ 青い畳 私だけの男 文庫 欲望の感激 海老の壁 美川町令嬢 嵐のあとの風の歌 ロングセラー 空中…

帰りなき者たち 天沢退二郎詩集

1981年、河出書房新社から発行された天沢退二郎の13冊目の詩集。 本書は、雑誌「文藝」に一九八〇年一月号から一九八一年一月号まで十二回にわたって連載(一九八〇年十二月号は休載)した連作詩28篇を中心として、これに他紙誌に発表したもの4篇を加え、配…

化石 関口フサ詩集

1984年、あざみ書房から限定250部で出版された関口フサの第三詩集(第一詩集は『火の声』、第二詩集は『形』)。第9回現代詩女流賞候補になった。 化石 薄闇の中では何も見えなかった猫のようにひらいた瞳孔でみつめた先も薄闇がつづいた 薄闇の中で耳を澄す…

虹の工場 獅子文六

獅子文六、16冊目の小説。新潮社の「日の出」に連載された(1940)。単行本は1941年、新潮社から。書影は戦後、1961年東方社版(装幀は風間完)。 NDLで検索 Amazonで検索 日本の古本屋で検索 ヤフオクで検索

少年 清水昶詩集 1965~1969

1969年永井出版企画から発行された清水昶の第三詩集(書影は新装版)。跋文は石原吉郎。 この数年、わたしは青春の神話のなかで迷っていたような気がする。しかし、神話のなかで育ってきた者にとって、それは生の原質となって重く精神の深みに棲みついてしま…

高祖保詩集(岩谷書店版)

1947年、高祖保の知人・遺族らの手によって、岩谷書店から発行された詩集。序詩は堀口大學による「天童哀悼」。『希臘十字』、『禽のゐる五分間寫生』、『雪』、『夜のひきあけ』、覚書(城左門)、追憶記(岩佐東一郎)を収録。 経歴生年月日 明治43年5月4…

詩集フィフティ 名木田恵子

キャンディ・キャンディの原作で知られる児童文学作家、名木田恵子が2004年に発行した私家版詩集。 二十才の頃、詩集『還る』を自費出版した。その五年後、その『還る』をもとにした詩集『思い出は歌わない』がサンリオ出版から出版された。 それから、わた…

影追いの街 竹谷内桜子/上田風子 詩画集

竹谷内桜子の詩と上田風子の挿画による詩画集。装幀は須山悠里。2007年6月エクリ発行。 あなたの脳内銀幕に映し出す百のオムニバス都市幻影作家と画家はこの際、弁士と映写技師なのである。――宇野亜喜良 NDLで検索 Amazonで検索 日本の古本屋で検索ヤフオク…

ジャズ・エイジ 中上哲夫詩集

花梨社から2012年9月に発行された中上哲夫の第12詩集。序詩を含めて22篇。大家正志が作品論を、八木忠栄が詩人論を寄せている。2013年の第28回詩歌文学館賞受賞。 [受賞のことば] 自己にこだわりすぎる、もっと他者のことを思え、といわれたことがあった。つ…

詩論のバリエーション 荒川洋治

學藝書林から1989年1月に発行された荒川洋治の詩論集。人名索引有り。 ひと口に詩論といっても、さまざまなバリエーションが可能だ。詩を論じるさなかに、そこへちゃっかり自作の詩を書き込んでしまうという自称〈実行〉型の発想をためすのも、間口をひろげ…