2018-05-03から1日間の記事一覧

詩と創造 その精神と方法  小野十三郎

1956年12月、理論社から刊行された小野十三郎による詩論・現代詩入門書。「私の大学・文学の教室」シリーズの5。 私は、すでにこれまでに、詩の手びきのような本を三冊書いています。この本もいくらかそういうおもむきがないことはありませんが、ここでは、…

砂がき 竹久夢二

1940年10月、時代社から刊行された竹久夢二(1884~1934)の随筆集。 目次 十字架(筆蹟) 心飢ゆ 故郷 つきくさ ある思ひ出 夕餉時 自畫自贊(一九一九)―大八・九「文章倶樂部」― 流れの岸の夕暮れに(一九二五・六・一六)・―大十四・八「女性」― 春いく…

海の鬼 伊藤永之介

1947年1月、三島書房から刊行された伊藤永之介の短篇集。シリーズ装幀は恩地孝四郎。「三島文庫」8。 目次 海の鬼 稻と鐵 文代 恙虫病 肥料工場 運吉の休養日 墓參り 山の一頁 NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

明月記 上林暁

1943年5月、非凡閣から刊行された上林暁の第7創作集。題簽は川端康成。画像は扉。 目次 明月記 擬實珠 不思議の國 夭折 茨の道 銅鑼 紅い花 首途 失敗談 秋一日 海山 烏の宿 小説の題について(後記) NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

人類 西脇順三郎詩集

1979年11月、筑摩書房から刊行された西脇順三郎の詩集(普及版)。装幀は吉岡実。附録栞は、会田綱雄「<ああ>」、吉岡実「《人類》出現」、長谷川龍生「私なりに学んだこと」、新倉俊一「初稿と定稿のあいだ」。 本詩集は、一九七〇年以降一九七八年までの…