2018-11-23から1日間の記事一覧

恋の万葉・東歌 高橋順子

2008年12月、書肆山田から刊行された高橋順子のエッセイ集。写真は本橋成一、装幀は菊池信義、本文レイアウトは中村鐵太郎。 目次 一 序に替えて 真間の手児奈 二 東歌 三 東歌を歩く 葛飾早稲 多摩川の水 伊香保風 多胡の碑 海上潟へ 埼玉の船 筑波山の嬥歌…

佐々木喜善の昔話 山田野理夫編

1974年5月、宝文館出版から刊行された佐々木喜善の選集。編集は山田野理夫。装画は水木しげる。 私が佐々木喜善に就いて執筆したのは昭和二十九年で、長谷川伸の主宰する「大衆文芸」に「仙台風俗志」の点景として登場せしめたのである。佐々木喜善の人とな…

夜にいっぱいやってくる 高階紀一詩集

1999年4月、思潮社から刊行された高階紀一の第7詩集。装画は吉田カツ。 目次 春昼 出口へ 惑星 こどもが夜中に 川の字 ツバメの巣 夏の残像 ただいま 消滅 クリスマス 春の花 ツバメ どこかで犬が 静かな入口 旅 涯 夜の感触 雨の中 夜中 だぶだぶの夏 頭が…