2019-03-28から1日間の記事一覧

愛語 財部鳥子詩集

1972年2月、母岩社から刊行された財部鳥子(1933~)の第3詩集。装幀は岩波亮平。 目次 愛語 冷たい庭 醜魔のとき 夕食前の散歩 飛ぶ家 黄塵 飯店(プアンテン) 星になりたい 沿海州での幻 雨ふる沿海州 TU機で 空想のマガダン市 ザバイカル 閉じられている…

都市の感触 日野啓三

1988年2月、講談社から刊行された日野啓三の短編小説集。装幀は戸田ツトム。 これは一九八七年新年号から十二月号まで、「一九八七年触覚的考察」というタイトルで、文芸雑誌「群像」に連載した文章である。 本にするに当たって、総タイトルを「都市の感触」…

日本部落冬物語 酒井真右詩集

1953年6月、理論社から刊行された酒井真右(1917~)の第1詩集。装幀は佐藤忠良。 百篇あまりの中から、いちおーこれだけお送りいたします。題して「日本部落冬物語」。 藤村の「破戒」お読み、それおどーしてもふみやぶらなければ――とその重要さお知ったの…