丸本明子

in Japan  丸本明子詩集

1968年11月、日東館から刊行された丸本明子(1929~)の第2詩集。 目次 まえがき 伊勢田史郎 鉛色 いけにえ 若者 四次元 カンザシ 凶 ゆれている ある午後 安定感 睡魔 針山 悲しい讃歌 真黒い煙 1馬鹿おどり 2幻惑 いや こわい現実 ボディーアート 庖丁 The…

無音 丸本明子詩集

2000年6月、編集工房ノアから刊行された丸本明子(1929~)の第11詩集。装幀は納健。 第23回の、「A会」の案内状がとどく。 この二年半の問、心臓病で療養をしている主人は欠席の返信を出す。 学徒出陣で招集されて、終戦と同時にソ連へ抑留されて強制労働の…