伊藤比呂美

姫 伊藤比呂美詩集

1979年8月、紫陽社から刊行された伊藤比呂美の第2詩集。附録栞は北村太郎「可憐な性」。 「80年代詩叢書 1」。 目次 夜に目を覚ます草本類の一 れもんの酸 抜く毛 同じ毛 あたしの犬 歪ませないように さるすべり 揉める 愛について 小動物 とてもたのしいこ…

木霊草霊 伊藤比呂美

2014年5月、岩波書店から刊行された伊藤比呂美のエッセイ集。初出は「図書」。カバー写真はベッキー・コーヘン、装幀は菊地信義。 目次 前庭の植物たち ユーカリ・タバコ・パーティー 黒法師艶な日傘をさしてゐる 草むら、ののはな 生きている木と死んでいく…

テリトリー論2 伊藤比呂美詩集

1985年4月、思潮社から刊行された伊藤比呂美(1955~)の詩集。写真は荒木経惟、構成・装幀は菊地信義。Logical like a Babyは伊藤比呂美のアルバムより。 目次 先天性 Triptych おとうさんはブルー 編集者の靴 分娩後 癌の筆致 コヨーテ 引越 悪いおっぱい…

テリトリー論1 伊藤比呂美詩集

1987年3月、思潮社から刊行された伊藤比呂美(1955~)の詩集。写真は伊藤比呂美のアルバムより。表紙・扉構成・本文レイアウトは菊地信義。 索引 あ 叫苦と魂消る アウシュビッツ ミーハー アニエレビッチャ 霰がやんでも いっしょに 伯母 か 帰る準備 カノ…

とげ抜き新巣鴨地蔵縁起 伊藤比呂美 講談社文庫

2011年5月、講談社文庫から刊行された伊藤比呂美(1955~)の長篇詩。カバー写真は新美敬子。デザインは菊地信義。第18回紫式部文学賞、第15回萩原朔太郎賞受賞作品。元版は2007年講談社。 目次 伊藤日本に帰り、絶体絶命に陥る事 母に連れられて、岩の坂か…

やさしい現代詩 自作朗読CD付き 小池昌代/林浩平/吉田文憲編著

2009年2月、三省堂から刊行された現代詩入門書。編集は小池昌代(1959~)、林浩平(1954~)、吉田文憲(1947~)。収録詩篇の朗読CD付き。編集協力は用松美穂、表紙写真は土屋文護、組版・装幀は㈲オーポン 五味崇宏、スタジオ録音は2008年8月~9月。作品…

わたしはあんじゅひめ子である 伊藤比呂美詩集

1993年8月、思潮社から刊行された伊藤比呂美(1955~)の第10詩集。装丁は芦澤泰偉、装画はハロルド・コーエン。 『テリトリー論』からずっと詩集が出ていませんね、と人によくいわれますが、いいえそんなことはありません。『のろとさにわ』はもちろん詩集…

草草行 阿部岩夫詩集

1987年11月、書肆山田から刊行された阿部岩夫(1934~2009)の第7詩集。 この詩集の先品は、一九八一年七月から一九八六年十月まあでの間に新聞や文芸誌、詩誌などに発表してきたものです。詩集としては、織詩『十月十日、少女が』(一九八六年・思潮社)に…

青梅 伊藤比呂美詩集(集英社文庫版)

1982年7月に思潮社から刊行された伊藤比呂美の第4詩集に、同著者の『感情線のびた』(弓立社、1984年7月)所収の<猫の体位>を併せて1冊としたもの。1988年8月発行。解説は鈴木志郎康。 東京の板橋あたりで生まれて育って、巣鴨、駒込、池袋くらいがいちば…