加藤郁乎

閑雲野鶴抄 加藤郁乎詩集

1999年5月、沖積舎から刊行された加藤郁乎(1929~2012)の第7詩集。 詩の筆を折りかけたことは幾度かあった。三鷹台や代々木の先達詩人を失ってはかない思いを託っていると、どこからともなく声がかかり、一簡が飛来し、ひとり飯島耕一だけが慰め励まし続け…