北川透

未明の構想 北川透評論集

1982年10月、白地社から刊行された北川透(1935~)の第13評論集。カバー装画は倉本修。 「一九六八年詩誌評」は、〈大学闘争〉で、社会が揺れだす時期の、『現代詩手帖』一年間の時評である。時代的な流れに引きずられて、いまから読むと恥ずかしいようなこ…

詩的レトリック入門 北川透評論集

1993年5月、思潮社から刊行された北川透(1935~)の第22評論集。 本書は「思いつき詩的表現論」というタイトルで「現代詩手帖」一九八七年十一月号から、一九八九年五月まで、十二回にわたって書いた連載評論を、全面的に加筆・修正して成立したものである…

反河のはじまり 北川透詩集

1974年7月、思潮社から刊行された北川透(1935~)の第3詩集。 これは『眼の韻律』『闇のアラベスク』につぐわたしの第三番目の詩集である。主として一九七二年と一九七三年を中心にその前後に書いたものを含んだ二四篇が収められている。その中の幾篇かは詩…