君本昌久

続分別ざかり 君本昌久詩集

1963年7月、蜘蛛出版社から刊行された君本昌久の第4詩集。装幀・装画は鴨居玲。 目次 こえ(ボタイノ ソトナラ……) こえ(日曜日は……) 平和でない 時の踊り 時・Tick-tack, Tick-tack…… ね 声 降られているフランツ・シナトラ氏 詩の宿題 NDLで検索日本の古…

分別ざかり 君本昌久詩集

1963年6月、昭森社から刊行された君本昌久(1928~1997)の第3詩集。扉・題字は村上望、イラストは土井伸彦、ポートレートは前田茂雄。 目次 序詩 ”娘が”欲しい 白石かずこ くれないか 娘 娘が* 娘が** カクメイは無かった 風立ちぬ 暗 割れる 手の記憶 逢え…

ぼくの第九 君本昌久詩集

1992年5月、蜘蛛出版社から刊行された君本昌久(1928~1997)の第9詩集。表紙・扉絵はマン・レイ。 目次 幻滅 点滴 それから あすは…… 香住 カタストロフィ 虚竜の失踪 詩集航海記 足摺まで 海と竹藪が…… さらば夏の光よ 姫路から 燃える誰そ彼 マン・レイの…