大谷藤子

大谷藤子 若草日記

1946年8月、偕成社から刊行された大谷藤子(1903~1977)による少女小説。 目次 親しき友 蚊遣(かやり)たく夕 新しいお母さま(一) 新しいお母さま(二) 美しい月影 松雄少年の身の上 少年のために 友への手紙 秋風の中のお母さま 少年のゆくえ 待ちわび…

最後の客 大谷藤子

1968年11月、広済堂出版から刊行された大谷藤子の短編小説集。装幀は江藤隆介。 目次 最後の客 急死 巷で 刺草 さち子のこと 薤露の草 毒だみ 釣瓶の音 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

母紅梅 大谷藤子

1954年3月、ポプラ社から刊行された大谷藤子(1903~1977)の少女小説。カバー絵・挿絵は佐藤漾子。画像は裸本。 目次 母の悲しみ 朝の出来事 白つつじ咲く夕ぐれ 別れゆく心 約束 祖母の家(その一) 祖母の家(その二) 傷心の日 財布のゆくえ 悲しき灯 う…

母の調べ 大谷藤子

1955年6月、ポプラ社から刊行された大谷藤子(1903~1977)の少女小説。カバー絵は佐藤春樹、花房英樹。挿絵は関川護。 目次 母にさゝげる花 悲しき杖 たそがれの道 杉村家の客間 傷つけられた心 バラの花束 ふしぎな客 南條さん 三つめの贈物 雨よ風よ 眞弓…

六匹の猫と私 大谷藤子

1958年5月、竜南書房から刊行された大谷藤子(1903~1977)のエッセイ集。装幀は下村秀治郎。 目次 始祖 名前 クロとチョン メメ チーチ ミーチカ コロ アカ さかなや お茶漬けとネコ 友人の話(その一) 友人の話(その二) 友人の話(その三) ギブス ネコ…

再会 大谷藤子

1970年12月、中央公論社から刊行された大谷藤子(1903~1977)の短編小説集。装幀は朝倉摂(1922~2014)。第9回女流文学賞受賞作品。 「最後の客」「再会」「流雲」は一つの主題のもので、罪と罰について書きたかったのである。 この三つの短篇は切りはなす…

風の声 大谷藤子

1977年11月、新潮社から刊行された大谷藤子(1903~1977)の短編小説集。遺著。装幀は原万千子。 大谷さんの作家歴は旧い。昭和九年に『半生』で改造社の懸賞小説に入選して以来、戦前も地味ではあるが、堅実な作家として認められていた。故武田麟太郎が大谷…

断崖 大谷藤子

1960年6月、雪華社から刊行された大谷藤子(1903~1977)の長編小説。装幀は本郷新(1905~1980)。 岩本常雄氏にめぐりあえたことを私は感謝している。これは私の初めての書きおろし長篇小説で、ひとえに岩本氏のおかげで書きあげることが出来たのである。 …