尾崎与里子

城の町 尾崎与里子詩集

2004年9月、草原詩社から刊行された尾崎与里子の第5詩集。装幀は谷川徹。 長浜と彦根はどちらも琵琶湖の北に位置する静かな城下町。私は長浜で人生の前半を、後半を彦根で過ごしてきました。多分、この二つの町以外での暮らしを知らないまま生涯を終えるでし…

風汲 尾崎与里子詩集

1986年10月、エディション・カイエから刊行された尾崎与里子(1946~)の第3詩集。装幀は山本容子(1952~)。 湖に近い葦の原で、ほのぐらいものが飛び交うのを見たのは、はじめて猫を抱いた日でした。しずかに爪を立てて燃える猫の顎の下へ手をさしのべる…

夢虫 尾崎与里子詩集

1981年7月、編集工房ノアから刊行された尾崎与里子(1946~)の第2詩集。カバー装画は木村茂。H氏賞候補作。 近江には、古い観音像が多く残されています。ときに湖北には、謎めいていると言われるほどたくさんの十一面観音像が、山間の村々の粗末なお堂に、…