山本かずこ

渡月橋まで 山本かずこ詩集

1994年10月、ミッドナイト・プレスから刊行された山本かずこの詩集(元版は1982年10月、いちご舎から刊行)。装幀は永畑風人。栞解説は吉本隆明。 目次 祝日 夏休み 運動会 椎名町陸橋 就寝儀礼 それでも真弓さん しんめい橋 桂浜 はりまや橋 弥生町 筆山ホ…

最も美しい夏 山本かずこ詩集

1984年9月、詩学社から刊行された山本かずこの詩集。装幀は榊莫山。 目次 サイクリング 飛行場にて 道草 昔の友だち トマトを好きになった理由について考える 風景 月の光り 初夏 夏の夕暮れ淡いブルーの車が停まる 花 ポスター 浜名湖あたり 丘の上で リレ…

愛人 山本かずこ詩集

1990年4月、ミッドナイト・プレスから刊行された山本かずこの第7詩集。 美しく、官能的な曲の多いブライアン・フェリーは、彼のアルバム『ボーイズ・アンド・ガールズ』をどのように受けとめられたいのか、という問いに対して「望むらくは僕が美しくて魅惑的…

西方日記 山本かずこ詩集

1983年7月、いちご舎から刊行された山本かずこの詩集。装幀は神保力。 目次 ニュース ゲーム 友だち 夜の観覧車 もりのゆうびんきょく 八月 三四郎池 真砂図書館 原因 暮らし おばあちゃん 新井強一さま グランド・ファーザーの店で 神田神保町交差点のたそ…

故郷 山本かずこ詩集

1995年6月、ミッドナイト・プレスから刊行された山本かずこの詩集。装幀は永畑風人。 あれは、ヒツザンでしょう。わたしは母にたずねる。そうよ、あれはヒツザンよ。筆の山と書いて。ヒ・ツ・ザ・ンと読むのよ。 母は文字を知らない子供に向かって、いちから…