嶋岡晨

青春の遺書 嶋岡晨詩集

1957年3月、国文社から刊行された嶋岡晨の詩集。著者自装。ピポー叢書。 目次 一、青春 希望 訛り 青春 雲のあいだから もしも一羽の鳩が ひとつの墓石になるために 食卓なんか無い 祝砲 風景 二、精神史 精神史 時間の街かど 海の労働者 掌の上の道 乳搾り…

死を宣告された家畜たち 嶋岡晨

1968年3月、三一書房から刊行された嶋岡晨(1932~)の長篇小説。カットは日和崎尊夫。 目次 第一章 ある男の告白 第二章 死の周辺 第三章 兇悪な細胞 第四章 地獄への出発 第五章 夢の獲物 第六章 肉の祭り 第七章 残忍な仔羊 第八章 危険な快楽 第九章 崩…

八月のパリの黒い汗 嶋岡晨詩集

1978年12月、飯塚書店から刊行された嶋岡晨(1932~)の第11詩集。解説は吉野弘(1926~2014)。表紙写真はパリのバトー・ムーシュの甲板ではたらく黒人とエッフェル塔。 学生のころ私家版で出した『薔薇色の逆説』からかぞえて、これで十一冊目の詩集になり…