川口晴美

ガールフレンド 川口晴美詩集

1995年9月、七月堂から刊行された川口晴美の第5詩集。イラストは上條淳士。 目次 夏の部屋 寒気 カッコウ・ワルツ 極楽パチスロへ行こう ブルーなシーツ レッスン Doughnuts in 「TWIN PEAKS」 ゲーセンじょうのアリア 夜中にコンビニエンスストアへおにぎり…

やわらかい檻 川口晴美詩集

2006年5月、書肆山田から刊行された川口晴美の第9詩集。写真は田村尚子。第14回萩原朔太郎賞候補作品。 誰と話していたときだったか、アンケートの項目に「あなたにとって家族とは何か」という質問があったんだよね、という話題になって、私だったらどう答え…

綺羅のバランス 川口晴美詩集

1989年9月、書肆山田から刊行された川口晴美(1962~)の題2詩集。装幀は小宮山裕。 いつも、何だかほんの少しずつ居心地が悪い気がする。どこにいても、針ほどのずれがあって、わたしがその場所では異物なのだと感じさせられる。わたしがいることのできる場…

デルタ 川口晴美詩集

1991年6月、思潮社から刊行された川口晴美(1962~)の第3詩集。表紙写真は林隆喜(1946~)。 たとえば貯水場の壁に沿って歩いているとき、終点の駅で地下鉄を降りるとき、ふいに肌から剥がれて尖っていってしまいそうな感覚を、あわてて言葉にすりかえるこ…

lives 川口晴美詩集

2002年9月、ふらんす堂から刊行された川口晴美(1962~)の第8詩集。装幀は君嶋真理子。 二〇〇一年三月から翌年の二月まで、私は歌人の大田美和さんとふたりで、ある試みをしていました。毎月お互いにどこかの場所(展覧会場や映画館を含む)を指定し、相手…

EXIT 川口晴美詩集

2001年7月、ふらんす堂から刊行された川口晴美(1962~)の第7詩集。 治すことと壊すことはどうしてこんなに似ているのだろう。(「あとがき」より) 目次 〈イヅミ〉 No,A OVer The Coca Cola やわらかい箱 ウージェーヌは浴室で 光の傷口 北の市場 バード…

半島の地図 川口晴美詩集

2009年7月、思潮社から刊行された川口晴美(1962~)の第10詩集。装画は曽谷朝絵、装幀は田口寛。10回山本健吉賞受賞作品。 目次 サイゴノ空 半島 指先に触れるつめたい皺 給水所 舟に乗る ドライブ 春雷 通り雨 月曜の朝のプールでは 夏の獣 墜落の途上で …

Tiger is here 川口晴美詩集

2015年7月、思潮社から刊行された川口晴美(1962~)の第12詩集。第46回高見順賞受賞。第23回萩原朔太郎賞候補作品。 Ⅰの連作詩「Tiger is here.」には、アニメ『Tiger & Bunny』の設定やイメージをもとにして書いた部分があります。 子どもの頃からマンガや…