平出隆

左手日記例言 平出隆

1993年6月、白水社から刊行された平出隆(1950~)の散文集。装幀は菊地信義(1943~)。 第45回読売文学賞受賞。 目次 怪我 一九八九年四月の例言 老作家 一九八九年七月の例言 スウィッチ 一九八九年九月の例言 鏡文字 一九八九年十一月の例言 片かたの 一…

家の緑閃光 平出隆詩集

1987年11月、書肆山田から刊行された平出隆(1950~)の第4詩集。装幀は菊地信義(1943~)。 目次 格闘図、 漢字の用法、 謎の部品、 鉛のかんな屑、 鳥のモビール、 緑光異文一、 明るいくらしの家計簿、 しどろもどろに蛇、 泪の餌台、 追悼のピアノ、 区…

旅籠屋 平出隆詩集

1976年9月、紫陽社から刊行された平出隆の第1詩集(画像は新装版)。 目次 旅籠屋 微熱の廊 木霊の間 悲の厨 碇の庭 冬の納戸 星宿の湯 門 百葉箱によって 余白の凧は碧ぞら 海の遺書 積乱 百葉箱によって 窓 吹上坂 草に記して 秘書失踪 秘書失踪 NDLで検索…

攻撃の切尖 平出隆評論集

1985年8月、小沢書店から発行された平出隆の第二評論集。 最初の評論集『破船のゆくえ』(一九八二年)に収めそこねたものと、『破船』以降に書かれたものとから一冊をまとめることになった。ご覧のとおり短めの時評的な文章が中心となる。取捨・構成を長谷…