広津和郎

広津和郎・娘桃子との交流記 輝いていた日々 亀山恒子

2012年6月、図書新聞から刊行された亀山恒子(1918~2010)の随筆集。亀山は広津和郎に師事。「文芸首都」「文芸復興」同人。 目次 広津和郎氏の心の襞 続 広津和郎氏の心の襞―思いつくまま 広津桃子さんと散文精神 遺稿 輝いていた日々―わたしの中の広津氏…

明るみへ 廣津和郎

1919(大正8)年7月、新潮社から刊行された廣津和郎(1891~1968)の第4著作集。画像は函欠。 目次 やもり 静かな春 波の上 五月 横田の恋 ある馬の話 朝と夜 死児を抱いて NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索