斎藤恵子

樹間 斎藤恵子詩集

2004年7月、思潮社から刊行された斎藤恵子(1950~)の第1詩集。装画は浅川洋。付録栞は池井昌樹、福間健二。 目次 仲間 春きゃべつ 夕闇が迫ると 雨 排水管 カラス 熊 カナリア リュック 日暮れ 海浜にて 秋風 霜夜 仲秋 夕凪 かぼちゃ やつで 葡萄 ふゆの…

夕区 斎藤恵子詩集

2006年7月、思潮社から刊行された斎藤恵子の第2詩集。 この人の作品はどれも主張しない。しないのに、いや、しないからこそ、詩(ポエジー)が確かにそこにある。さまざまな顔で、抑えがたく叫んでいる。叫びながら結晶している。驚嘆して、息を呑んで、見つ…

海と夜祭 斎藤恵子詩集

2011年7月。思潮社から刊行された斎藤恵子(1950~)の第4詩集。 目次 I海の見える町球形夏の家ぬうら山夢虫往来船日雪空影の犬 ⅡA4の柩坂みち鉄橋夜の母水風の夜機織小舟の女渦巻くもの女湯 子どもの悪夢 あとがきに代えて NDLで検索するAmazonで検索する