時里二郎

星痕を巡る七つの異文 時里二郎詩集

1991年6月、書肆山田から刊行された時里二郎(1952~)の第4詩集。 目次 星痕観測 星宮記 覇王記 飛礫異聞 天文台 東方漠聞 西方漠聞 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

翅の伝記 時里二郎詩集

2003年5月、書肆山田から刊行された時里二郎(1952~)の第5詩集。第22回現代詩人賞受賞。 目次 鞘翅目天牛科 島嶼のサル 或いは 翅の伝記 手帖 物言う島 島 ura 穴裏の天文台 蜻蛉目蜻蛉科 ウラ aura 栩 栩の森 桃夭 NDLで検索Amazonで検索

胚種譚 時里二郎詩集

1983年7月、湯川書房から刊行された時里二郎の第2詩集。装幀は加川邦章(湯川成一)、挿画は北川健次。 目次 荒ぶるつわものに関する覚書 石守異聞 速鳥变幻 夢前川に関するノオト 鳥 舟 肖像 非在の樹 Friday 氏の広場 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で…

日本の現代詩 那珂太郎/高柳誠/時里二郎 編著

発行は玉川大学出版部。1987年10月20日初版1刷。 本書は明治新体詩成立以降今日までの日本の現代詩を概観し、各時期の主要な詩人の作品を選び集めたものである。ひろく一般の読者に日本の現代詩詞華集(アンソロジイ)を提供しようとするものであるが、同時…