木川陽子

夕映えと 木川陽子詩集

2003年12月、夢人館から限定版として刊行された木川陽子の遺稿詩集。装幀は十河雅典。 詩人木川陽子の死を悼み、親しかった詩友の協力を得て、ここに追悼のための小詩集を編んだ。彼女には三冊の詩集があるが、ここには最後の詩集以後に書かれ、発表された詩…

誰? 木川陽子詩集

1993年11月、花神社から刊行された木川陽子(1929~)の第2詩集。第44回H氏賞候補作品。 せめて自分のことくらいはわかっていたいと思いました。 私が目覚めると素早く身を翻して去ってしまう夢の、わずかな痕跡を手がかりに、その全貌をもういちど引き寄せ…