梅崎春生

風ひかる 梅崎春生

1957年1月、講談社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。装幀は斎藤愛子。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

春の月 梅崎春生

1956年7月、三笠書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短編小説集。 目次 春の月 A君の手紙 カロと老人 凡人閑居 莫邪の一日 是好日 黑い紳士 溶ける男 小さな町にて 突堤にて 解説・島村進 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

限りなき舞踏 梅崎春生

1950年5月、小山書店から刊行された梅崎春生の長編小説。 この小説は、新聞小説として書いた。形式の制約、たとへば一回何枚といふ区切り、全篇の長さの指定、題材や登場人物などについての幾分の制約、そんなものが私の筆を渋滞させたり、また屈折をさせた…

ルネタの市民兵 梅崎春生

1949年10月、月曜書房から刊行された梅崎春生の短編小説集。跋文は中野好夫(1903~1985)。 ここに集めたのが、私のこの一年間の製作量の殆んどである。この一年間、私は一箇月平均に三十枚位しか書けなかった。私にとつては、それでも多く仕事をし過ぎたや…

B島風物誌 梅崎春生

1948年12月、河出書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短編小説集。 目次 B島風物誌 猫男 失はれた男 靑春 ある男の一日 虛像 鬚 輪唱 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

逆転息子 梅崎春生

1958年9月、講談社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

つむじ風 梅崎春生

1957年3月、角川書店から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。装幀は中尾彰。東京新聞に1956年3月~11月まで連載。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

人も歩けば 梅崎春生

1959年8月、中央公論社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。装幀は谷内六郎。北海道新聞、中部日本新聞m西日本新聞に1958年5月~1959年5月まで掲載。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

拐帯者 梅崎春生

1959年4月、光書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短編小説集。装幀は永田力。 目次 拐帯者 その夜のこと 冬の虹 海猫 鏡のなか 不思議な男 師匠 犯人 人体改造法案 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

日の果て 梅崎春生

1946年2月、思索社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短編小説集。右は1951年6月雲井書店版(日の果て/櫻島/ルネタの市民兵/B島博物誌)。 目次 紐 行路 ある顛末 蜆 日の果て NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

狂ひ凧 梅崎春生

1963年3月、講談社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

馬のあくび 梅崎春生随筆集

1957年1月、現代社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の随筆集。装幀は梅崎恵津子。題字・扉絵は梅崎本人。 目次 猫・酒・碁 主役はへちま カロ 猫のことなど 我が悪友 悪酒の時代 吾妻橋工場見学 今や紳士になった街―池袋 浅草と私 烏鷺近況 新しい型の…

てんしるちしる 梅崎春生

1962年11月、講談社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。装幀は中尾彰(1904~1994)。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

櫻島 梅崎春生

1949年3月、月曜書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短篇集。装釘は廣本森雄。画像は裸本(左)。1949年12月の2刷(中)の装幀は大井道夫。1949年12月大地書房版(右)の装幀は廣本森雄。 目次 櫻島 微生 崖 贋の季節 あとがき NDLで検索日本の古本…

飢ゑの季節 梅崎春生

1948年8月、大日本雄辯會講談社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短篇集。序文は中野好夫(1903~1985)。 目次 虹 風宴 不動 亡日 蜩 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

南風 梅崎春生

1955年12月、河出書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。カバー装幀は森田元子。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

黒い花 梅崎春生

1950年11月、月曜書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短篇集。 目次 黒い花 赤帯の話 故郷の客 ピンポンと日蝕 庭の眺め 無名颱風 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

春日尾行 梅崎春生

1955年11月、近代生活社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の短篇集。 目次 春日尾行 坐り込み譚(ものがたり) 十一郎会事件 辨慶老人 雀荘 犯人 セミの話 破片 カタツムリ NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

砂時計 梅崎春生

1955年9月、講談社から刊行された梅崎春生(1915~1965)の長編小説。解説は福永武彦(1918~1979)。扉は初山滋(1897~1973)、箱カットは梅崎恵津子。 NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

紫陽花 梅崎春生

1955年9月、河出書房から刊行された梅崎春生(1915~1965)の第8著作集。カバーは宮本薫。 目次 猫と蟻と犬 古呂小父さん 熊本牧師 エスの新居 山名の場合 紫陽花 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

山名の場合 梅崎春生

1955年6月、山田書店から刊行された梅崎春生(1915~1965)の第10著作集。装幀は高井寛二(1922~2005)。 目次 山名の場合 莫邪の一日 是好日 黒い紳士 溶ける男 A君の手紙 カロと老人 凡人閑居 小さな町にて 突堤にて NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で…