正田篠枝

女がヒロシマを語る 江刺昭子他

1996年8月、インパクト出版会から刊行されたアンソロジー。編者は江刺昭子、加納実紀代、関千枝子、堀場清子。 目次 はじめに 1、ヒロシマをめぐるディスクール 大田洋子再読 江刺昭子 栗原貞子の軌跡 石川逸子 原爆歌人正田篠枝とわたし 古浦千穂子 映画に…

百日紅 <耳鳴り>以後  正田篠枝詩歌集

1966年7月、文化評論出版から刊行された正田篠枝(1910~1965)の遺稿集。編集は正田篠枝遺稿編集委員会(栗原貞子、深川宗俊、浜野千穂子、小久保均、藤井ゆり、大原三八雄、荏原書夫)。 正田さんが亡くなってちょうど一年になる。原爆による被害の後遺症…