江代充

切抜帳 江代充詩集

2019年9月、思潮社から刊行された江代充の第7詩集。 目次 ・生 木切れの子 生 木切れの子 語調のために 群れスズメ 内に宿るあゆみ 泉のほとりへ行く 段の幻 黒いミニ 能なしラカ 諸物 友の庭面 留め置くところ ・薪束 六つの詩 老い ヴィオラ 天使の話 薪束…

みおのお舟 江代充詩集

1989年11月、書肆山田から刊行された江代充の詩集。 目次 ・みおのお舟 みおのお舟 隣家の庭 兎小屋 干し草や石の上で 空気銃 蛇 死の床 野辺をあるくことは 星をみる丘 短軀のよろこび わかれのかた 藁とヘルメット 歌口 行夫 花嫁 草の上 泣屋の不安 鍵 近…

梢にて 江代充詩集

2000年7月、書肆山田から刊行された江代充(1952~)の第5詩集。装幀は亜令。第8回萩原朔太郎賞受賞作。 目次 梢にて 庭 梢にて(おもてには…) 庭(路上から…) 草かげの講座 御者 めぐる対話 異なる数の歌 その段の近くで 希望表記 溝と二人で 午後の光 道…

隅角(ぐうかく) ものかくひと 江代充詩集

2005年5月、思潮社から刊行された江代充(1952~)の詩集。 目次 Ⅰ 小柄な人 初めての読本 庭 丘の名前 ウルスラとウルズラ 雨の日 ポッケ・レクィエム 菫 帰郷 トビト小記 門 屈む子供 第一課 使い 秋の断片 母と子 父 日暮れまで Ⅱ 縄手 小さな鼓笛 庭 冬…