由起しげ子

愛のかけら 由起しげ子

1964年7月、文藝春秋新社から刊行された由起しげ子(1900~1969)の長編小説。装幀は中谷貞彦。ポケット文春36。 目次 決闘 ドブに捨てろ 波の白 ある傾斜 密室の月 島の男 姉と妹 共犯者 信号無視 花のない季節 妻の限界 生と死の祭典 接点 天の火 NDLで検…

本の話 由起しげ子

1949年10月、文藝春秋新社から刊行された由起しげ子の第1著作集。表題作は第21回芥川賞受賞作品。カバー・扉画は三雲祥之助。 目次 警視總監の笑ひ 脱走 本の話 あとがき NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

夢違い 由起しげ子

1960年7月、光文社から刊行された由起しげ子の短篇集。装幀は清川泰次。 目次 漁火 夢違い 大事な人 痺れる予感 わが背信 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

やさしい良人 由起しげ子

1963年12月、文藝春秋新社から刊行された由起しげ子(1900~1969)の長編小説。装幀は息子の伊原通夫(1928~)。 目次 やさしい良人 船の上で 静かなる崩壊 たたかい 帰りみち 昏晦 白痴の中に 捨てる NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検索する…