相沢啓三

狂気の処女の唄 相沢啓三詩集

1961年8月、昭森社から刊行された相沢啓三(1929~)の第1詩集。 目次 Ⅰ 遠雷 色のない世界 距離 血だらけの半身 結晶 無数の六角形 飢渇 流水圏 涙湖 土壌 Ⅱ はじめてお前の手を…… 森のなかで 逃亡 灰の下で 風 お前のなかに 祝福 履歴 整形術 狂気の処女の…

声の森・氷の肋 相沢啓三詩集

1963年5月、昭森社から刊行された相沢啓三の第3詩集。 目次 声の森 1 〈はじめは しずかな草原に〉 2 〈森に入って〉 3 〈町とは〉 4 〈町のうめきとは〉 5 〈遠吠え〉 6 〈妻 語る〉 7 〈夫 語る〉 8 〈息子 語る〉 9 〈父 語る〉 10 〈母に代っ…

裸のままの十の詩 その他の詩 相沢啓三詩集

1969年9月、昭森社から刊行された相沢啓三(1929~)の詩集。 目次 裸のままの十の詩 叛逆の家をめぐる三十の詩 氷河圏での五つの詩 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索