石川桂郎

面会酒舌 石川桂郎

1978年8月、東門書屋から刊行された石川桂郎の随筆集。口絵の桂郎似顏は清水崑、扉・カットは近野武男、插画・俳人似顏は石川桂郎。附録栞は西東三鬼「贋作面会酒舌 石川桂郎の巻」。 目次 序 永井龍男 前田普羅 松野自得 西垣卍禅子 富安風生 水原秋桜子 西…

含羞 石川桂郎句集

1956年12月、琅玕洞から刊行された石川桂郎の句集。 目次 序 石田波郷 昭和十三年(九句) 昭和十四年(二十句) 昭和十五年(三句) 昭和十六年(七句) 昭和十七年(四句) 昭和十八年(三十四句) 昭和十九年(十二句) 昭和二十一年(十句) 昭和二十二…

妻の温泉 石川桂郎

1954年7月、俳句研究社から刊行された石川桂郎の創作集。表紙画は粛粲宝、題字は木津静一。表題作は第32回直木賞候補作。 目次 序 久保田万太郎 妻の温泉 雪の夜 夢 花冷え 年玉稼ぎ ハナクラゲ 鶴川日記 ロケーション 千松 卒業歌 鶇 ひと夜 二重橋 九合五…

剃刀日記 石川桂郎

1951年7月、目黒書店から復刊された石川桂郎の短編小説集。底本は1942年の協榮出版社版。装幀は小宮正志。2011年、烏有書林から復刊された。 石川桂郎氏の諸短篇はときどき雑誌の一角を埋めてゐるのを私は眼にした。秋晴れの日通りすがりの路傍から金木犀の…

俳人風狂列伝 石川桂郎

1973年10月、角川書店から刊行された石川桂郎(1909~1975)による俳人評伝集。函絵は小島直。第25回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞。 「行乞と水」は牧羊社の「俳句とエッセイ」に書き、他の十篇は角川書店の「俳句」に連載した。当時、病床にありがちだっ…

残照 石川桂郎

1976年10月、角川書店から刊行された石川桂郎(1909~1975)の随筆集。装幀は小島直。 石川桂郎の随筆は、小説的な味が濃い。 こんな好材料を、こんな無造作に書き捨ててしまってと、何度惜しがったか知れないが、その度びに桂郎君はそのうち書き直しますと…