福中都生子

やさしい恋うた 福中都生子詩集

1971年6月、葦書房から刊行された福中都生子の第5詩集。ブックデザインは滝本明、川崎彰彦。 目次 風葬 やさしい恋うた さみしい男Kに 娘のころにねがったことば 酋長ジェロニモ ジャクリーンの涙 サパタのソンブレロ マロニエの五月 ガジュマルの樹の下 シ…

女ざかり 福中都生子詩集

1967年10月、思潮社から刊行された福中都生子(1928~2008)の第4詩集。装幀は榊莫山。 目次 1 薔薇と蛇と 2 夜明けまえの街 3 ねそべっていたジャン・ダーク 4 わたしのこころがふるえるとき 5 祖国について 6 りんごの樹が切られている 7 男たち・…

女はみんな花だから 福中都生子詩集

1979年10月、あすなろ社から刊行された福中都生子(1928~2008)の詩集。装画は赤坂三好。画像は1981年2月の2刷版。港野喜代子の一周忌に捧げた『においすみれの咲く庭で』(VAN書房刊)に次ぐ第11詩集。 目次 女はみんな花だから 女はみんな花だから 花のゆ…

雲の劇場  福中都生子詩集

1960年1月、六月社から刊行された福中都生子(1928~2008)の第2詩集。装丁考案は刈田睦郎。 目次 雲の足 顔 ミュージカル・プレイ いちにち なげつけたい 雲 たつまきの家 とおい太陽ちかい太陽 あたしは糊 優等生たち 火の塔 雲は予言者 エプロンをかけた…