稲葉真弓

ほろびの音 稲葉真弓詩集

1982年6月、七月堂から刊行された稲葉真弓(1950~2014)の第1詩集。作品社主催「作品賞」受賞(「ホテル・ザンビア」)の賞金で制作された。 目次 繭 伝説のように ほろびの音 さみしい抱擁 祝祭の家 密室 木霊する夢――その1 木霊する夢――その2 四月病 鎮…

連作・志摩 ひかりへの旅 稲葉真弓詩集

2014年3月、港の人から刊行された稲葉真弓の第4詩集。 「母音の川」から十二年ぶりの詩集となった。 小説を書く合間合間に、詩の言葉が水滴のように私のなかに溜まり、それが滴る水のように言葉となって降りそそぐ瞬間を、至福の時として味わった。書き下ろ…

夜明けの桃 稲葉真弓詩集

1991年9月、河出書房新社から発行された稲葉真弓(1950~2014)の第二詩集。 人が人に伝えるべきことはなんなのだろう。 あふれる活字の中に身を置きながら、しかしそれらは私が人に伝えたいこととは、あまりにも大きなへだたりがあるような気がする。 小さ…