翻訳小説

他人の重み ボリス・シモン

1960年7月、東峰書院から刊行されたボリス・シモンの長編小説。翻訳は倉田清。カバー・表紙は向井潤吉、題字は伊藤憲治。 目次 ピエール神父の日本の読者への手紙 ピエール神父の著者への手紙 まえがき・ボリス・シモン Ⅰ辛苦の果ての光明 一 野たれ死に 浮…

街の女マギー クレイン/大橋健三郎

1957年6月、研究社出版から刊行されたスティーヴン・クレインの小説。翻訳は大橋健三郎。 目次 街の女マギー 怪物 勇者の秘密 花嫁イエロースカイに到来 訳者註解説 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

ヨット船上の殺人 C・P・スノウ/桜井益雄

1967年12月、弘文堂新社から刊行されたC・P・スノウのミステリー小説。翻訳は桜井益雄。画像は新装版再版。元版は1964年刊。 「ヨット船上の殺人」はわたしの最初に出版された小説であった。わたしは二一歳の時、地方大学の若い男女のことについて作品を書い…

猟女犯 元台湾特別志願兵の追想 陳千武/保坂登志子

2000年1月、洛西書院から刊行された陳千武(1922~)の小説。翻訳は保坂登志子。表紙・装画は保坂陽一郎。 太平洋戦争という大波瀾に遭遇し、私は台湾特別志願兵として、ティモール島濠北防衛作戦に参加した。台湾高雄港を出航、シンガポール、ジャワ、ティ…

モレルの発明 アドルフォ・ビオイ・カサーレス

1990年9月、書肆風の薔薇から刊行された、ボルヘスの盟友、カサーレス(1914~1999)の幻想小説。翻訳は清水徹と牛島信明。装幀は丸岡一志。 NDLで検索アマゾンで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

アンダスンと三人の日本人:昭和初年の「アメリカ文学」 大橋吉之輔

1984年7月、研究社から刊行された大橋吉之輔(1924~1993)によるシャーウッド・アンダスンの研究書。 ことは些事からはじまった。たまたまシカゴで発見した、シャーウッド・アンダスンに宛てた三人の日本人の手紙について、それらにまつわる彼我の資料をで…

病院のスケッチ オルコット

1985年4月、篠崎書林から刊行されたルイーザ・メイ・オルコット(1832~1988)の小説。1863年発表。翻訳は谷口由美子。 目次 第一章 準備 第二章 前進 第三章 昼 第四章 夜 第五章 非番 第六章 後記 あとがきオルコット年譜 NDLで検索Amazonで検索日本の古本…

トパーズ マルセル・パニョル/永戸俊雄

1949年6月、雄鶏社から刊行されたマルセル・パニョル(1895~1974)の戯曲。翻訳は永戸俊雄(1899~1956)。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

森の美女 シュペルヴィエル

1956年11月、書肆ユリイカから刊行されたシュペルヴィエルの詩劇。翻訳は柳沢和子と三井ふたばこ。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

ジャングル放浪記 アフリカの幽鬼と幻想 エイモス・テュテュオーラ

1962年7月、新潮社から刊行されたエイモス・チュツオーラの長編小説。翻訳は橋本福夫。1990年にちくま文庫から「ブッシュ・オブ・ゴースツ」の書名で復刊。 目次 1 悪いことと善いこと 2 幽鬼のジャングル 3 悪臭幽鬼 4 第七町での生活 5 牛と一緒の生…

死の勝利 ダンヌンツイオ

1916年11月、新潮社から刊行されたダンヌンツィオの長編小説。翻訳は生田長江。 目次 過去 父の家 隱遁所 新生活 テムプス・デストゥルエンディ 克つ可からざるもの NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

印度小説 触るべからず ムルク・ラジ・アナンド/前田河廣一郎

1942年5月、六人社から刊行されたアナンドの長編小説。翻訳は前田河廣一郎。装幀は鈴木信太郎。 NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

愛と笑いの夜 ヘンリー・ミラー/吉行淳之介

1968年1月、河出書房から刊行されたヘンリー・ミラーの短編小説集。翻訳は吉行淳之介。装幀は池田満寿夫。扉絵はヘンリー・ミラー作「蜜月の男女」。 目次 マドモアゼル・クロード 頭蓋骨が洗濯板のアル中の退役軍人 ディエップ=ニューヘイヴン経由 占星料…

死者の森 エルンスト・ヴィーヒェルト

1952年7月、白水社から刊行されたエルンスト・ヴィーヒェルトの長編小説。副題は「ナチス政治犯収容所の報告」。翻訳は加藤一郎。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

ドリナの橋 イヴォ・アンドリッチ/松谷健二

1972年2月、恒文社から刊行されたイヴォ・アンドリッチの長編小説。翻訳は松谷健二。装幀は朝倉攝。アンドリッチは1961年のノーベル文学賞受賞者。 目次 アンドリッチの人と文学 木村彰一、栗原成郎 ドリナの橋/アンドリッチ 松谷健二訳 わたしの作品論 佐…

改訳アウステルリッツ W・G・ゼーバルト

2012年7月、白水社から刊行されたW・G・ゼーバルト(1944~2001)の長篇小説。翻訳は鈴木仁子。2003年版の改訳。「ゼーバルト・コレクション」第6巻。 書評等読書メーターキリキリソテーにうってつけの日DOUBLe HoURepiの十年千冊。ゼーバルトのたくらみ(ca…

悲しみよ こんにちは フランソワーズ・サガン

1955年4月、ダヴィッド社から刊行されたフランソワーズ・サガンの長篇小説。39刷。翻訳は安東次男。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

灰色の自動車 アレクサンドル・グリーン

2016年5月、アルトアーツから刊行されたアレクサンドル・グリーン(1880~1932)の短篇集。翻訳は西周成(1967~)。 目次 稀有な写真機 魔法のスクリーン 僕はいかにスクリーン上で死んだか 緑のランプ 灰色の自動車 NDLで検索アルトアーツ

イルカ放送 レオ・シラード

1963年6月、みすず書房から刊行されたレオ・シラード(1898~1964)の空想小説。 翻訳は朝長梨枝子(1937~)。「みすず・ぶっくす」50。 目次 未来への悪夢 S・ヴィンセント・ベネ イルカ放送 私は戦犯として裁かれた マーク・ゲーブル財団 星々への呼びか…

六つの聲 ヴェルコール

1954年2月、白水社から刊行されたヴェルコールの連作短編集。翻訳は小林正。 目次 解説 第一の聲《ソラーレのヴィーナス》 第二の聲《政治上の嘘》 第三の聲《考え通りに行動する》 第四の聲《否認》 第五の聲《言葉》 第六の聲《つまらぬ殺害》 エピローグ …

巨大な部屋 E・E・カミングス

1963年11月、思潮社から刊行されたE・E・カミングスの長篇小説。原題はTHEENORMOUSROOM。翻訳は飯田隆昭。カバー写真は清水俊彦、装幀、レイアウトは諏訪優。「現代の芸術双書〈2〉」。1979年に白馬書房から復刊された。 目次 〈はしがき〉のための対話 Ⅰ 遍…

危険な文通 ローレンス・ブロック

1972年7月、三笠書房から刊行されたローレンス・ブロック(1938~)の長篇小説。翻訳は御影森一郎。装幀は伊佐雄治。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

死はわが職業 ロベール・メルル

1957年6月、大日本雄弁会講談社から刊行されたロベール・メルルの小説。翻訳は村松剛。装幀は勝呂忠。 目次 一九一三年・少年の日々 一九一六年・第一次大戦 一九一八年・最後のドイツ人 一九二二年・孤独と餓えとの果て 一九二九年・ささやかな幸福 一九三…

馬で去つた女 D.H.ロレンス 宮西豊逸訳

1935年6月、牛山堂から刊行されたD.H.ロレンス(1885~1930)の短編小説集。翻訳者は宮西豊逸(1907~1996)。 目次 馬で去つた女 櫻草の道 二番目に好き ロードンの屋根 鵞鳥市 運命の一觸 母と娘 D・H・ロレンス小傳あとがき NDLで検索日本の古本屋で検索…

ヘリオーポリス エルンスト・ユンガー

1986年3月、国書刊行会から刊行されたエルンスト・ユンガー(1895~1998)の長編小説。翻訳・解説は田尻三千夫。造本は杉浦康平(1932~)と鈴木一誌(1950~)。挿画は渡辺富士雄。世界幻想文学大系 第42巻AとB。 目次 第一部 ヘスペリデスからの帰還 町の…

恐怖の館 世にも不思議な物語  レオノーラ・キャリントン

1997年9月、工作舎から刊行されたレオノーナ・キャリントン(1917~2011)の翻訳小説。翻訳は野中雅代。エディトリアル・デザインは西山孝司と小林千鶴。 目次 恐怖の館 序文、またはロプロプは風の花嫁を紹介する 恐怖の館 卵型の貴婦人 卵型の貴婦人 デビ…

ディフェンス ウラジーミル・ナボコフ

1999年11月、河出書房新社から刊行されたウラジーミル・ナボコフ(1899~1977)の長編小説。翻訳は若島正(1952~)。装幀は永松大剛、装画は本村加代子。画像は2008年新装版。 書評等 キリキリソテーにうってつけの日三軒茶屋 別館キッチンに入るなもれなく…

波の上を駆ける女 アレクサンドル・グリーン

1972年1月、晶文社から刊行されたアレクサンドル・グリーン(1880~1932)の冒険小説。飜訳は安井侑子(1937~)。装画はタチヤーナ・トルスタヤ(1951~)。 書評等 憂愁書架うちゅうてきなとりでFocus on sanity 北総の一隅より NDLで検索Amazonで検索日本…

友愛のために モーリス・ブランショ

2001年4月、《リキエスタの会》から刊行されたモーリス・ブランショ(1907~2003)のエッセイ。翻訳は清水徹(1931~)。編集はみすず書房。ブックデザインは平野甲賀(1938~)。版画は森英二郎(1948~)。 目次 友愛のために 訳注 あとがき モーリス・ブ…

大理石の断崖の上で エルンスト・ユンガー

1955年8月、岩波書店から刊行されたエルンスト・ユンガー(1895~1998)の長編小説。翻訳は相良守峯(1895~1989)。 NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検索するヤフオクで検索する