読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の淵 三好豊一郎詩集

1983年、小沢書店から発行された三好豊一郎(1920~1992)の第6詩集。 言葉に対するカンが鈍ってきたのに気づきはじめたのはよほど以前からだが、六年前おやじの老後を看取って、死に至る最後の十日間を、刻々に腐ってゆく生ける屍が生命を停止した直後の、…

存在 高野喜久雄詩集

荒地同人の高野喜久雄(1927~2006)の第二詩集。1961年、思潮社発行。解説は鮎川信夫。 ゆくりなくも一つの言葉がうかぶ。 詩は存在の追憶である。 大切なのは、詩と存在と追憶が、一つの脈絡の中にあることである。「存在は追憶の詩である」でも「追憶は詩…

就航者たち 中江俊夫詩集

1987年、詩学社から発行された中江俊夫の第13詩集。 NDLで検索 Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索