足立巻一

学芸の大坂 足立巻一

1986年8月、編集工房ノアから刊行された足立巻一(1913~1985)の評論集。編集は桑島玄二(1924~1992)。関西電力の広報誌「ひらけゆく電気」に約20年間連載したもの。 目次 I 近松門左衛門と大阪 上田秋成と大阪 大阪に来た馬琴 黒沢翁満のこと 円珠庵契…

鏡 詩人九鬼次郎の青春と歌稿 足立巻一

1970年9月、理論社から刊行された足立巻一(1913~1985)による九鬼次郎(1914~1940)の評伝。神戸新聞に1969年4月から6月まで連載したものの改稿。カットは津高和一、題字は望月美佐。 九鬼次郎は、わたしの少年のころの友、松田末雄が詩作を発表したとき…

宣長と二人の女性 足立巻一

1943年6月、佃書房から刊行された足立巻一(1913~1985)の第1著作集。 序章 捨身の倫理と美第一部 本居宣長の母 一、死生の輿 二、あたらしい家 三、義子實子 四、新生第二の門 五、初旅 六、元服以後 七、挫折 八、 轉變 九、 母子死鬪 十、 微光 十一、 …