近代詩

亜寒帯 石川善助詩集

1936年10月、原尚進堂から刊行された石川善助(1901~1932)の遺稿詩集。編纂は逸見猶吉(1907~1946)、草野心平(1903~1988)、宍戸儀一(1907~1954)。装幀は亀山巖(1907~1989)。画像は復刻版。 目次 序 高村光太郞 福士幸次郞 北太平洋詩篇 移北 罐…

食後の唄 木下杢太郎詩集

1919年12月、アララギ発行所から刊行された木下杢太郎(1885~1945)の詩集。画像は復刻版。装幀は小糸源太郎(1887~1978)。 目次 食後の歌 金粉酒 兩國 珈琲 五月 朝の新茶 後街時調 該里酒 薄荷酒竝序 曇り日の魯西亞更紗 二月空 ざつくばらん 楂古聿 お…

第二愛の詩集 室生犀星詩集

1919(大正8)年5月、文武堂書店から刊行された室生犀星(1889~1962)の第4詩集。装幀は恩地孝四郎(1891~1955)。画像は裸本。 目次 自分の本道 永久に ひきずり落した天國 散歩 小さい家庭 春の開始 まだ知らない友 めぐみを受くる 深い孤獨の中 若葉は…

昨日いらっしってください 室生犀星詩集

1959年8月、五月書房から刊行された室生犀星(1889~1962)の最後の詩集。装幀は著者。 最後の詩集(あとがき) 詩にある大切なものを失はずにゐるかどうか、それを見極めることの難かしさは、まとめた書物のかたちに現はして見ると判る。さういふ私の見解が…