読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自伝 空想旅行 日は過ぎ去らず 小野十三郎

朝日選書41として1975年に発行された。

f:id:bookface:20170327003220j:plain

文学学校に情熱をもやし、アラブの仲間と語らい、亡き友花田清輝を想う、そしてまたSLに胸を躍らせ、「南海ホークス」に一喜一憂する――読売文学賞に輝く大阪市井の詩人が綴る珠玉の散文。 

目次

  • 大阪の道すじ
  • わがユートピヤ紀行
  • 空飛ぶ上記機関車
  • 庶民の文化とはなに
  • 大阪文学学校二十年
  • 終の栖
  • アラブの詩人と
  • 教室の詩論
  • 詩を書き唄もうたう
  • 「モダンタイムス」とシカゴ詩集
  • 葦原の痕跡――花田清輝のこと――
  • あとがき

 NDLで検索 
Amazonで検索 
日本の古本屋で検索 
ヤフオクで検索