読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒田喜夫 村と革命のゆくえ 長谷川宏

1984未来社発行。詩人・黒田喜夫の詩と評論の展開を追いつつ戦後史・戦後思想におけるその思想の意味を分析。

f:id:bookface:20170327005421j:plain

原稿をひととおり書きあげて、未来社編集部の西谷能英さんに手わたして二十日あまり、突然、黒田喜夫の訃報に接した。知らせてくれたのは、黒田喜夫とのつきあいのながい友人石毛拓郎で、とるものもとりあえず清瀬の黒田家をおとずれると、詩人は、多くの原稿を書きもしたであろうベッドに、無言の痩身を横たえていた。三千代夫人に、「せっかく書いていただいていたのに間にあわなくて」といわれて、無念さがつのった。(あとがきより)

 

目次

  • 第一章 みえない村
  • 第二章 飢餓と革命
  • 第三章 根拠の喪失――一九六〇年代
  • 第四章 狂気の現象学
  • 第五章 病と死
  • 第六章 書くとは、どういう行為か
  • あとがき

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索