読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーモアの鎖国 石垣りん

f:id:bookface:20170409111642j:plain

1973年、北洋社から発行された石垣りん(1920~2004)の第一散文集。

 

 私のわずかな散文の、どれが、いつ北洋社の櫛野義明さんにめぐり逢ったのでしょう。
 こんど一冊の本にして下さるというので、はじめて名刺をかわし、打ち合わせをかさねるたび
「アルナラ、ダセヨ」
「ヤダヨ」
 私は互いの会話を、餓鬼大将と餓鬼娘のそれにこっそり置き換えてみては、ひとり笑い出すこともありました。
 櫛野さんはガキ代償どころか、私よりずっと年若い好青年です。
 とても使えないと思います。などと言いながら、古いものをおずおず差し出すうれしさは複雑でした。
 これが世間の目に堪えるでしょうか。いまはただ案じられるばかりです。
(「あとがき」より)

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索