読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリバーの質問 清水昶

f:id:bookface:20170411205142j:plain

 

1993年、五柳書院から発行された清水昶(1940~2011)32冊目の著書。1988年から1993年までに発表された44の短いエッセイ。

 

 ある時代、ある思想に、慣れあうことを、きちんと拒絶することは大変な個人的な「仕事」である。今日のゲンダイシが、ちっとも面白くないのは、(例外はあるが)ほとんどが拒絶ということにおいて血を流してはいない。観念も血を流すのだ、ということを忘れてしまっている。どうして「現在」とか「日常」とかが大切なのか。あたかも、ほろびゆく老人のように、ぼくは現在も日常も嫌で仕方がない。その嫌悪。その憎悪、その疎外が、ぼくを活性化している、まあそんな日々を過ごしている。(帯文)

 

 

目次


ガリバーの質問
自然としての状況 三好達治の場合
いつも詩人は、残して死ぬ 鮎川信夫追悼
「がっかりしたか」北村太郎ニヒリズム


一本のナイフ 同人詩誌その他についての若干の感想
日本人の戦争 藤井貞和
詩人の死 菅谷規矩雄について


定型について
郷愁
死のテーマ
山頭火と酒


丹下左膳
性愛について
ひとりの出版記念会
表現者たち
車椅子
病気
石原吉郎
人間の死
真実
六〇年安保闘争
売春
自転車泥棒
中原中也
火事
無頼派
絶望
幻臭
床屋
百円玉

白衣
高橋秀一郎
エイズ
芥川賞
民主主義
赤穂
中上健次
ハードコア
一茶
北村太郎
実話
鬼太郎がゆく
大学

 

NDLで検索する
Amazonで検索する