読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘い声 清水哲男詩集

f:id:bookface:20170417232603j:plain

1979年、アディン書房から発行された清水哲男の第9詩集。

 

 時間がない。自分を自分らしく時間が。
 だから、詩を書いたりするのか。自分を自分らしく生きるとは、制度のなかでせいいっぱい、狂気の側に身を寄せることなのではあるまいか。最近は、そんな思いにとらわれている。
 言葉は制度だ。制度だからこそ、逆に狂気へとすべりこめる有力なキイとなるのだと思う。これはなかなかにしんどい仕事だが、和ツィには、他に方法がない。身の非才は棚上げにしていうのだが、言葉しかあやつれないものは、言葉によって生き、言葉によって殺されるしかないのであろう。

(「あとがき」より)

 

NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索