日本の詩はどこにあるか 藤井貞和詩集

f:id:bookface:20170610225517j:plain

1982年7月、砂子屋書房から発行された藤井貞和の第一詩集。

目次

  • 狼 この日本に詩学もなければ、詩語も…
  • 暗陸 瞽女たちは帰った、唄をのこして…
  • 青のておごにああ 「青」を書くのは夢の色を…
  • 朝潮の力 あんたがわたしの塚のまえを…
  • 装身具 おぼえていますか。とどけてください。…
  • 救国委員会 七月✕日、霊夢を見たので…
  • 稗田 九月二十✕日、古事記の成立を…
  • 額田 増田茂恭さんの発表した「歌垣」論は…
  • 小さな夢 ヌチーカ・トリチビ、小さな夢…
  • 水生地下(すいしょうじした) 千石剛賢氏が渡辺清美に…
  • 日本の大火からしりぞくまりもちゃん 「まりもを投げないで」とわたしは…
  • 全文引用、たぶん それからもう一つ、例えば…
  • 鑑識課にて 私は見てきたばかりの数百枚の…
  • 風と雨の記憶 秘められた発たん。その死に向きて…
  • 『日本の詩はどこにあるか』の後に…………………

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索