夢の人に 堀内幸枝詩集

f:id:bookface:20170622235805j:plain

 

1975年9月、無限からから刊行された堀内幸枝(1920~)の第5詩集

 これは昭和四十年から、五十年の間に書いた作品から選んだものです。
「第二村のアルバム」に入る部分は、別の機会に作りたいと、除いておきました。
 子供の日よく遊んだ古里の土手、その向うに見えた太陽も、父母、弟と過した村暮らしの日々も、それ以後の自分の境遇の中で、たえずなつかしく思い出すのですが、ここに集めたものは、今、生きている私の地点に立って書いたものばかり――「不思議な時計」「夕焼けが落ちてこようと」と同じ内容のものを集めました。

(「あとがき」より)

 

 

目次

夢の人に

  • 初秋の白い花
  • 私は赤い樹を見ました
  • 小さな島
  • 桜散る頃――夢の人に――
  • 光と影の境で
  • 少女の森
  • 影絵の花
  • 水の死とリズム
  • かすかな歌声
  • 井戸

晩夏

  • 晩夏のあと
  • 晩夏の薔薇
  • 昼の夢
  • 廃園の前で
  • 秋の女
  • ある秋の日の散歩
  • 思い出
  • 渓流のほとりで
  • 小さな喫茶店で

夕日影

  • 炎暑の別れ
  • 舞台
  • 夕日の中
  • 数奇な運命の人
  • 六月の雨
  • 地上の花
  • 緋桃
  • 松林の中
  • 地球異変

跋★怨念の詩人……嶋岡晨


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索