氷見敦子詩集 氷見敦子遺稿詩集

f:id:bookface:20170705213248j:plain

 1986年10月、思潮社から刊行された氷見敦子(1955~1985)の第5詩集。遺稿をまとめたもの。

 

目次

  • 消滅していくからだ
  • アパートに棲む女
  • 神話としての「わたし」
  • 夢見られている「わたし」
  • 井上さんと東京プリンスホテルに行く
  • 千石二丁目からバスに乗って仕事に行く
  • 井上さんのいなくなった部屋で、ひとり……
  • 井上さんと超高層ビル群を歩く
  • 一人ひとりの<内部>の風景を求めて
  • 井上さんといっしょに小石川植物園へ行く
  • 東京駅から横須賀線に乗るとき
  • 半蔵門病院で肉体から霊が離れていくとき
  • 「宇宙から来た猿」に遭遇する日
  • 日原鍾乳洞の「地獄谷」へ降りていく

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索