物語詩片 赤木三郎詩集

f:id:bookface:20170720212659j:plain

 1969年12月、飯塚書店から刊行された赤城三郎の第2詩集。

 

目次

1 秋のジザベル

  • 秋のジザベル――朗読詩
  •  五月には ジザベルの鳥籠 無心なまま ジザベルのための詩 
  • 月の娘
  • ココと呼ぶ夏
  •  なまぬるい夏 雨 みにくかったから きみのからだ 猿ばやし
  • うまれる
  • 不器用な海賊――朗読詩

2 胃袋かばものがたり

  • さいばんぎつね
  • ふるさとの鬼
  • 炉の木と雪ぎつね
  • 黒石村の唄の本
  • 雪ぐるい
  • 石垣島で人魚を食ったのはだれだろう
  • 胃ぶくろかばものがたり

3 うすべにいろの…

  • 海からの音――ものがたり叙事詩
  • ガソリンまみれのオートバイ
  • 爆発――オーケストラのための構成
  • 丘の上からみている子
  • うすべにいろの…

4 もうひとつさきの島

  • もうひとつさきの島
  • むかしのどうわ こわいもの
  • むかしのどうわ 戸の外
  • むかしのどうわ 大佐のこと
  • むかしのどうわ 宇宙の飛行
  • 耐える少年

5 小さな唄

  • 小さな唄a ダリア
  •  夢のダリア咲く道 夏のこと 旅に出た日
  • 小さな唄b 日々
  •  日々 青く ひさしぶりに 風のふくときに 首 ふるさと
  • 小さな唄c 森
  •  おれたちの森 森のなかま 皮になってしまった男の唄 にがい実 白い馬 にげる
  • 小さな唄d 鬼
  •  鬼はらい アダンの木のそばで 鬼の島の唄

6 自転車

  • 自転車――一幕
  • 卵――假面舞踊
  • ある一日の子守唄がわりに
  • ながながしい夜のねむり
  • すばらしい朝のなかに
  • カギの内側で
  • 遠いところ
  • はじまり
  • テーブル
  • 一日
  • 魔除け
  • 話 戦争
  • ねぐらのエスキス
  • すんだ男
  • 夏のおわり
  • 牛の演劇
  • ねむりえぬ男
  • 団欒のなかへ
  • すばらしい朝のなかに

解説=秋村宏


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索