超現実と抒情―昭和10年代の詩精神 大岡信評論集

f:id:bookface:20170726211539j:plain

 1965年2月、晶文社から刊行された大岡信(1931~2017)の第7評論集。ブックデザインは平野甲賀(1938~)。

 

目次

  • 割れない卵―近代詩に関するいくつかの問題
  • 超現実主義詩論の展開
  • 戦争前夜のモダニズム―「新領土」を中心に
  • 戦争下の青年詩人たち―モダニズムの黒い歌

  • 保田与重郎ノート―日本的美意識の構造試論
  • 昭和十年代の抒情詩―「四季」「コトギ」その他

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索