おまえの破れは海のように 片瀬博子詩集

f:id:bookface:20170813190406j:plain

 1962年9月、思潮社から刊行された片瀬博子(1929~)の第2詩集。

「この眠りの果実を」出版後、三、四年間の仕事をまとめてみた。その主なものは二十代終りの作品である。題は旧約聖書エレミヤ哀歌の中の一節”女よ おまえの破れは海のように大きい”からとった。(「あとがき」より)


目次

  • 月夜
  • 誕生
  • 祝福
  • Intruder――子の誕生日に
  • ノクターン
  • 夕映
  • 孤児
  • 子守唄
  • 木の葉

  • 婚姻
  • 抱擁
  • 抱擁
  • 抱擁
  • 悲歌
  • Love Affairs
  • 鉄の環
  • もっと小さな隠れ家を
  • 覚醒まで
  • ベラフォンテ――”わたしの試練”をうたえる
  • 旅人

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索