いってきます 北野和博詩集

f:id:bookface:20170916122728j:plain

 1997年10月、編集工房ノアから刊行された北野和博(1955~)の第1詩集。装幀は森本良成。

 どきどき水族館に行きたくなります。そういう時は我慢します。すると行きたくてたまらなくなります。そして出かけます。
 ときどき詩を書きたくなります。そういう時は我慢します。するとぽろりと詩が生まれます。
 詩集を出そうと思ったとき、その水族館にはジュゴンが一頭いました。暫くして南の海から花嫁が来ました。二頭は少し離れて見つめあって……。でも次に行ったときには一頭になっていました。最初からいた雄です。それからは何度行っても一頭だけです。
 そんな長い時間がかかってようやく詩集がまとまりました。
(「あとがき」より)

 

目次

  • 大きな木
  • ひろば
  • ドーム
  • 行進
  • 夕暮れ
  • 僕の好きな薬屋さん
  • コロッケ
  • 回復室
  • 集会
  • 行李
  • あかちゃんが笑っています
  • 観覧車
  • メロディー
  • 空き地
  • 足音
  • 散歩
  • 噴水
  • しばらく星を見てきます
  • 風鈴
  • 桜(一)
  • 家族
  • 縁側
  • 桜(二)
  • ドア
  • あの人はきっとうたっている
  • やっと逢えた
  • 草原
  • ドアの内、ドアの外
  • 大きな絵

〈僕の世界〉安永稔和
あとがき


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索