ちりがみ文章 十一谷義三郎

f:id:bookface:20170919200914j:plainf:id:bookface:20170919200926j:plain

 1934年4月、厚生閣から刊行された十一谷義三郎(1897~1937)の随筆集。

 

目次

  • 文學日錄 
  • 作家の世界 
  • 文學日錄 
  • 燭明抄 
  • 文學問答 
  • 作家の自由 
  • 新感覺派斷片 
  • 生活から 
  • 作者の社會的地位 
  • えと・せてら 
  • 蝙蝠の感想 
  • あ・ら・ふあっしよ 
  • 隨筆とエッセイの考察 
  • サアカスに語る 
  • 漫讀雜志上 
  • 漫讀雜志下 
  • 生き行く力としての文學 
  • 澄んだ三宅 
  • 谷崎潤一郞小論 
  • バット馬鹿の告白 
  • 自己を語る 
  • 孤獨餓鬼の徵笑 
  • ちかごろ佗し記 
  • 態度と態度 
  • 春の明ける家 
  • 忘れぬ顏 
  • ちりがみ文章 
  • 拳鬪やくざ文章 
  • ちぐはぐ兵談 
  • 或る男 
  • 惡魔の記憶 
  • 街談一章 
  • 元日の妄想 
  • 自動幻畫のチラシ 
  • つれづれ談叢 
  • 春宵讀本 
  • 心中 
  • 書物つれづれ 
  • ラモン抄


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索