梅崎春生 ユーモアと「幻」 柳澤通博評論集

f:id:bookface:20170919204011j:plain

 2011年5月、木鶏書房から刊行された柳澤通博(1948~)の評論集。装幀は中島かほる。

 

目次

  • 1ユーモアとは何か
  • 2梅畸春生のユーモア
  • 3「陸沈」の思想
  • 4長篇小説の問題
  • 5「狂い凧」
  • 6「幻化」

付録初期論考

  •  梅畸春生論
  •  大岡昇平
  •  瓦礫の中の幻影―戦後文学をめぐって
  •  喪われた「花」のありかI志賀直哉的思考をめぐって

 

後記
初出一覧


NDLで検索
Amazonで検索
木鶏書房