膝で歩く 季村敏夫詩集

f:id:bookface:20171001191043j:plainf:id:bookface:20171001191055j:plain

 2014年8月、諸氏山田から刊行された季村敏夫(1948~)の第7詩集。装幀は間村俊一(1954~)、写真は鬼海弘雄(1945~)。附録栞は赤坂憲雄と季村敏夫との往復書簡。第6回鮎川信夫賞候補作。

 

目次

  • 急場しのぎ
  • 海の白雨
  • 膝で歩く
  • 色身
  • ひびき
  • 耳のそよぎ
  • 今も昔も
  • 千年
  • ゆくもの
  • いつも旅先
  • 一隅
  • 月と泥亀
  • のちの仕事に
  • 小さくなって
  • 鉄の夏
  • 丘の上に並ぶ墓
  • ひとつかみの風
  • 日和
  • 弟子
  • 自転車の息
  • 大空みじん
  • ボン・ジェニー
  • 麓のひと
  • 白桃ゆれる
  • 到来
  • ひいふうみい

 

書評等
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)


NDLで検索する
Amazonで検索する
日本の古本屋で検索する
ヤフオクで検索する