たたかいの作家同盟記 : わが文学半生記・後編 上下 江口渙

f:id:bookface:20171008230719j:plainf:id:bookface:20171008230731j:plain


 1966年8月と1968年5月に、新日本出版社から刊行された江口渙(1887~1975)によるプロレタリア文学運動記。上下巻。題字は著者、装幀はまつやまふみお。


目次

  • 一 書きだしの言葉 
  • 二 日本フェビアン協会のこと 
  • 三 芥川龍之介はなぜ自殺したか 
  • 四 マルクス・レーニン主義の道へ 
  • 五 日本プロレタリア作家同盟の結成 
  • 六 渡辺政之輔と山本宣治の死 
  • 七 日本で最初の労農葬 
  • 八 党のための文学と小林多喜二 
  • 九 すぐれた評論と戯曲 
  • 十 第二回大会前後 
  • 十一 文学大衆化の問題 
  • 十二 作家同盟への最初の弾圧 
  • 十三 ナップからの戦旗の独立 

あとがき

  • 十四 ハリコフ大会と文戦打倒同盟 
  • 十五 大混乱の第三回大会 
  • 十六 中央委員会の自己批判 
  • 十七 弁証法的創作方法の問題 
  • 十八 壁小説と「文学新聞」 
  • 十九 「作家同盟パンフレット」第一号 
  • 二十 私の家に飛びこんできた戦旗社 
  • 二十一 日本プロレタリア文化連盟の結成 
  • 二十二 プロレタリア文化連盟に弾圧下る 
  • 二十三 作家同盟第五回全国大会 
  • 二十四 反撃に立ち上がるプロレタリア文化連盟 
  • 二十五 われらの陣頭に倒れた小林多喜二 
  • 二十六 作家同盟ついに解体 

あとがき


NDLで検索する
Amazonで検索する
日本の古本屋で検索する
ヤフオクで検索する