101人の現代詩人1983

f:id:bookface:20171021230002j:plain

 1983年5月、昭森社から刊行された現代詩アンソロジー。編集者は前川知賢。

目次

序 流れの中に立って
凡例
一〇一人の現代詩人 作品と解説

  • 荒川洋治    古い愛の時間
  • 青木はるみ   鯨のアタマが立っていた
  • 相場きぬ子   部分
  • 阿部恭久    ことしのさくら
  • 浅井薫     鉄線
  • 安部寿子    はるののげし
  • 新井豊美    朝の坂
  • 井奥行彦    ロンド
  • 井坂洋子    軽いひざ
  • 石毛拓郎    九月のゲートボール
  • 一色真理    月見草・一滴の水
  • 伊藤昭子    電車・渚を歩く白い馬
  • 伊藤勝行    けもの あるいは樹木
  • 井元霸彦    国道二号ライオン館
  • 入沢康夫    漂流する鳥たち
  • 岩成達也    マルケン島紀行のためのメモ
  • 植嶋亨介    黒い馬・白い悲しみ
  • 埋田昇二    菖蒲
  • 江川英親    村の驢
  • 大井康暢    中宮寺
  • 大滝清雄    稲妻
  • 岡島弘子    さわぐ・いのり
  • 岡田武雄    山野行
  • 小川アンナ   茅花と風
  • 大沢静江    新しい石だたみ
  • 大西美千代   石を置く
  • 大野新     奸計
  • 角田清文    小文字のb子ちゃん
  • 笠原三津子   灰・堺をのぼる蛇
  • 柏木義雄    スミソニヤン博物館・象
  • 片岡文雄    生存への夢
  • 甲木美帆    夏草
  • 金掘則夫    石の空
  • 亀田道昭    日の走行
  • 川井絢子    水の界
  • 木澤豊     恐山にて
  • 北川透     表層旅行
  • 黒田達也    省略する
  • 黒部節子    廊下
  • 経田佑介    春の市
  • 郷原宏     沙羅雙樹
  • 後藤一夫    鈴の音
  • 小長谷清実   波立つビール 耳朶を打つ
  • 小松弘愛    狂泉
  • 斎藤怘     ちゃちぎ
  • 佐合五十鈴   仮の場所から
  • 佐々木洋一   猫好き
  • 沢田敏子    相対
  • 山海清二    輪
  • 島田陽子    呼ぶ
  • 清水昶     国名
  • 清水正吾    塔を巡って
  • 白石かずこ   命日
  • 進一男     面影並木―わが郷愁
  • 須藤伸一    予感
  • 高木秋男    逆さ柱の家
  • 高木護     天に近い一本の木・飢え
  • 高橋喜久晴   つるべ
  • 田中勲     客土
  • 田中規久雄   患者の安心
  • 田中孝     雪降る
  • 田中保     湖・白木連
  • 谷川俊太郎   世の終りのための細部
  • 立川喜美子   こだわることば
  • 津坂治男    首もぎ
  • 戸上寛子    残響
  • 冨長覚梁    少年の日
  • 中正敏     抗議・揚雲雀
  • 永瀬清子    捕え得ず
  • 中野貞夫    便り
  • 成田敦     ある爽快
  • なんば・みちこ 最後の一匹
  • 西一知     明け方ふたつの星を
  • 日原正彦    暗い背
  • 福田万里子   東頸城郡松之山にて
  • 太原千佳子   ピアノ
  • 細田幸平    欲望
  • 前川知賢    ゆうべの雲
  • 松井滋     雨痕
  • 松下のりを   声
  • 松下和夫    天体
  • 水口洋治    銀のしずく降る降る
  • 水こし町子   待っているのは何
  • 水野降     幼年伝説
  • 三井葉子    こぼれる・君や来し我や行きけむ
  • 南邦和     腐蝕画
  • 村上嘉隆    円足・欠落
  • 紫圭子     アクリル
  • 望月苑巳    定家卿の思想
  • 山内清     こわい眼
  • 山田茂里夫   キリコ
  • 山本耕一路   春日幻夢
  • 山本晋二    果樹園にて
  • 由利俊     ワラウ男
  • 横井新八    落合川
  • 吉野弘     或の朝の
  • 原幸子    砂
  • 若林光江    沈黙・卵
  • 若原清     月あかりの鞭・儀式
  • 若山紀子    鰯
  • 渡辺正也    不在

一〇一人の現代詩人のプロフィール


NDLで検索する
日本の古本屋で検索する
ヤフオクで検索する