詩日記 手塚敦史詩集

f:id:bookface:20180305195805j:plain

 2004年12月、ふらんす堂から刊行された手塚敦史の第2詩集。装幀は君嶋真理子。

目次

  • ぼくらの夢をあばくよ 十一月一日
  • 窓明かりの奥にひびく声 五月八日
  • 光の調律師も来た町 六月三日
  • 虚無感 五月十三日
  • 十一月七日介護者のほほえみ 十一月七日
  • 四月三日 十一月十一日
  • 十一月二十九日 十一月二十九日 
  • 十一月十三日 十一月十三日
  • 四月五日 四月五日
  • 四月二十日 四月二十日
  • 一日の空 五月五日
  • 萤光灯人 三月二十九日
  • 雪をわらうこと 一月九日
  • 字は大きく、コップのなかに 三月二十六日
  • 最高の夜の蟹 十二月一日
  • 星語 その二 十二月十四日
  • 吸い紙、水紙 六月十五日

あとに

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索