行く、脳髄 垂水千賀子詩集

f:id:bookface:20180320161518j:plain

 1981年10月、紫陽社から刊行された垂水千賀子の第1詩集。装幀は平岡雁、ADは芦澤泰偉。帯文は鮎川信夫

 

かよわい花が、思いがけず、頑強である。内気な姿勢のままで、光る視線の矢をはね返し、緊迫した外圧に耐えている。そこに、どんな願いを込め ているのか、内部のおそろしい力が、異形の愛となって、そのスタイルの一つ一つをかたち造っていく。よくみれば、一茎の花であるのに、巫術のきわみで、ちょっとした儀礼の仕料が、鋼のような、まさかの花瓣となっている。空気も、人も、沈黙せざるを得ない。(鲇川信夫) 

 
目次

  • 低い日々
  • 点、線、点
  • 誰に責任がございましょう
  • 行く、脳髄
  • 返す白
  • 納戸
  • あなたの疲れは生きているか
  • 「さわってくれ」と云われたが 黙って通り過ぎた
  • 死者をくぐる
  • 憂愁の箱
  • 改め人
  • 閉口
  • 崩れ
  • ひとが、 
  • 埋める
  • さて 腰をおろそう
  • 遠い城
  • ケマステル


日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索